委員会の歴史

第1期

昭和51年6月1日−昭和56年5月31日(5年間)
(委員長:京都大学 教授 高松武一郎)

第2期

昭和56年6月1日−昭和61年5月31日(5年間)
(委員長:東京工業大学 教授 大島 栄次)

第3期

昭和61年6月1日−平成3年5月31日(5年間)
(委員長:九州大学 教授 松山 久義)

第4期

平成3年6月1日−平成8年5月31日(5年間)
(委員長:京都大学 教授 橋本 伊織)

第5期

平成8年6月1日−平成13年5月31日(5年間)
(委員長:奈良先端科学技術大学院大学 教授 西谷 紘一)

第6期

平成13年6月1日−平成18年5月31日(5年間)
(委員長:名古屋大学 教授 小野木克明)

第7期

平成18年6月1日−平成23年5月31日(5年間)
(委員長:京都大学 教授 長谷部伸治)

第8期

平成23年6月1日−平成28年5月31日(5年間)
(委員長:東京大学 教授 平尾雅彦)

第9期

平成28年6月1日−平成33年5月31日(5年間)
(委員長:東京農工大学 教授 山下善之)

        

委員会の概要  → 第7期の活動計画
   
    Copyright (C) プロセスシステム工学第143委員会